amegonの雑なブログ

日常的なものから技術的なものまでメモの雑記

Zabbixのテーブルをパーティショニングしてそのパーティション数をzabbixで監視する

Zabbixのテーブルをパーティショニングして、その切り替わり(drop と create) を mariadb のスケジューラで実施してみた。 zabbix からそのパーティション数を確認する方法を調べたので、メモしておきます。

/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/userparameter_mysql.conf を修正

以下の記載を追加。

UserParameter=mysql.history.partition.count[*],mysql -uroot zabbix -e"select count(*) from information_schema.partitions where table_name = '$1';"  | grep -E [0-9]+

zabbix-agent を再起動

systemctl restart zabbix-agent

Zabbix に監視アイテムを追加

その他

あとはお好みでトリガー設定などをすれば監視できる。